組織概要

会長挨拶

会長 坂井 和之

2020(令和2)年度は、新型コロナウイルス感染拡大による多大な影響で、学校・企業・公的機関やスポーツ施設など、あらゆることがその活動を大きく影響された中で始まりました。

また、東京2020オリンピックの延期、中学校・高等学校の全国大会の中止でアスリートの大きな目標が断ち切られてしまいました。選手の皆さんの気持ちはいかばかりかと思う次第であります。

このような厳しい状況の中、当スポーツ協会も新年度をスタートさせました。令和2年度は、評議員(4年)・理事(2年)の任期が新たに始まり、副会長を2人にし、組織と活動の活性化を図ってまいります。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策をしつつ、今年度も選手の競技力向上・強化および生涯スポーツの振興に尽力し、「スポーツ文化の風吹くまち柏崎」の拡充に邁進して参りたいと存じます。

市民の皆様には、今後一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。

役員

会長:坂井 和之

副会長:植木 正一  本間 敏博

専務理事・事務局長:佐藤 幸治

理事:選手強化部 部長 佐藤 幸治(兼務) 副部長 小玉 裕道

理事:普及振興部 部長 小林 克之  副部長 井比 孝広

理事:広報部   部長 重野 典子

理事:財務部   部長 小池 和夫  副部長 青栁 勧

理事:柏崎市スポーツ少年団本部長 牧野 輝男

事務局 主任 池田 香織  北澤 祥子

沿革

○1922年(大正11年)11月20日 「刈羽郡体育協会」創立 事務局 刈羽郡役場内

初代会長 尾戸 治作氏(群長)

副会長 洲崎 義郎氏・二宮 伝右衛門氏

○1923年(大正12年) 第2代会長 洲崎 義郎氏 就任

刈羽郡体育協会グラウンド竣工

○1930年(昭和 5年) 「柏崎体育連盟」 発足

○1941年(昭和16年) 「柏崎市体育団」 改称

○1947年(昭和22年) 「柏崎体育団」 改称

○1949年(昭和24年) 第3代会長 近藤 禄郎氏 就任

○1980年(昭和55年) 第4代会長 月橋 夽(たかし)氏 就任

○1994年(平成 6年) 第5代会長 高橋 保氏 就任

○2006年(平成18年) 「柏崎市体育協会」改称

○2010年(平成22年) 第6代会長 近藤 康信氏 就任

○2016年(平成28年) 「(一財)柏崎市体育協会」 設立

第7代会長 金子 錦弥氏 就任

○2017年(平成29年) 第8代会長 坂井 和之氏 就任

○2019年(平成31年) 「(一財)柏崎市スポーツ協会」改称